atriumブログ

デザイン事務所atriumの雑記です

美術

nium gallery 02

前回記事のnium galleryの、現在上映しているアニメーションについて… このギャラリーで上映するアニメーションやグラフィックアート等の作品は、現在は試験的に自作のショートアニメーションをランダムに流している。 (いずれ第三者の作った作品も流したい…

nium gallery 01

今年の2月ごろから、静岡県浜松市の中心市街地にある、小さなビルのショーウィンドウ部分を借りて、nium galleryという小さなメディアアート・ギャラリーを始めた。ギャラリーと言っても、49インチのデジタルサイネージ・モニターが設置してあるだけで、延床…

ウィーン・プラハ・ヘルシンキ

休みの間は旅行に出ていた。主に父親の旅に同行する形で、ウィーン、プラハ、ヘルシンキの3都市をまわった。どの都市も初訪問ではなく、特にウィーンとプラハに関しては昨年夏にも行っていたので、一年経たずして再訪した形となった。。。短期間で2回、訪れ…

モネの庭

かつてよく遊んでいた公園への入り口。春ももうだいぶ進行したので、草がモサモサと生い茂っていた。この写真とは全く関係がないが、事務所の窓から見える景色も、日に日に緑が色濃くなっていくのがわかる。 この空き地のような、全く手入れされていない、複…

カールステン・ニコライ展 パララックス

先日、千葉県市原市にある市原湖畔美術館に、カールステン・ニコライというドイツ人のミニマル系アーティストの展示を観に行った。この美術館は東京から電車を乗り継いで行くと2時間以上かかるのだが、東京駅から高速バスを利用すると、1時間ほどで最寄りバ…

Elizabeth Peyton: Still life 静/生

品川の原美術館で、Elizabeth Peytonというアメリカの女性画家の展示を観た。「Still life 静/生」という展示タイトルで、国内では初の個展となるとのことだった。 from Michael Werner Gallery website かなりざっくりとしたタッチで、透明感ある淡い彩度…

デザインのルーツを開示することについて

昨年末のことになるが、静岡文化芸術大学でJAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)の新人賞の巡回展がやっており、たまたま同大学図書館を利用した際に、見ることが出来た。3人のデザイナーのきれいなコマーシャルワークが展示されていた。 デザインでも…

ゲーム写真家という人々

世の中には多くのゲーマーがいるが、写真を撮るためにゲームをプレイする、ゲーム写真家という人々がいる。何のことか一瞬分からないが、要はゲームのスクリーンキャプチャを美しく撮ることに情熱を傾けている人たちのことで、昨今のゲームはCGの表現力が尋…

Drawing robot

再びFablab浜松へと行った。自分は数年前にArduinoとステッピングモータを使って、いわゆる吊り下げ式のDrawing robotを作ったことがあった。重りの先に取り付けたボールペンをモーターで制御し、ランダムで四角を描き続けていくというもの…。当時、絵を描き…

建築倉庫ミュージアム

用事があって東京に行っていた。天王洲にある建築倉庫というミュージアムに立ち寄った。今年の6月にオープンしたばかりの建築模型専用のミュージアムで、元々、美術品などの保管業務を行っている寺田倉庫という会社がはじめたもので、通常、箱に入って倉庫内…

タイポグラフィ

これまでに数多くの文字関係の本を読んできた。どのように文字をデザインするか、それをどのようにレイアウトしていくか、そしてそれをどのように印刷するか、といった文字にまつわるもろもろの本で、それらは一般的にタイポグラフィといわれている。この学…

浜松市美術館 若木信吾写真展

ややパラパラと小雨の降る中、浜松市美術館で行われている若木信吾という写真家の展覧会に行った。広告や雑誌などに、主にポートレイトを発表している著名な写真家で、浜松でBooks and printsという小さな書店を経営していることからも、その名前は知ってい…